一人椎名林檎討論会

椎名林檎とインターネット。 何処かにブログを寄稿したいので何かあれば連絡お待ちしてます。このつぶやきは言語認識アルゴリズムの実験中につき間に受けないでください。

今日も聞いてる。椎名林檎の無罪。

今日聞いてる。椎名林檎を。いつもはテーマありきで文章を書くのだが今日はだらだらと今頭にあることをグダグダに書きたい。そんな気分であるし、時間があるならお付き合い願いたい。

 

f:id:yungblog:20170818172242j:plain

 

ほぼ毎日聞いているであろう椎名林檎。今も飽きずに聞く。活動の長い彼女だからこそ、今となってはその日の気分でそこはかとない気分も対外気分に合う曲が見つかる。中目黒駅にいるときは『ギャンブル』。何が悲しいかわからないときは『落日』。新宿で豪雨であれば『群青日和』のように。いつも通り椎名林檎を再生していたら『正しい街』が流れた。とても悲しい気持ちになって。そのまま無罪を聞き直すことにして、今この文章を作っている。

 

無罪モラトリアム

もしかしたら、恥の多い人生の中で一番で再生回数が多いCDではなかろうか。

始めていたのは15年ほど前だった。完全に鼻垂れてるような小僧の時期だ。

鼻を垂らすか。椎名林檎聞くか。もしくは椎名林檎を聞きながら鼻を垂らすか。

いずれにせよ。最も甘酸っぱい年齢の時期に聞いてた無罪モラトリアム。想い出しか詰まってない。聞くと色々思い出す。曲を聴いて記憶が戻されるあのシステム。便利な時もあるけど死ぬ程恥ずかしい記憶も蘇る。完全に鼻が垂れてたなぁ。無罪モラトリアムの全てが好きだった。ジャケット。アートワーク。歌詞。歌詞のフォント。曲順。曲調。声。すべて好きだった。正しい街からモルヒネまで好きだった。一言で言うなら切ないよね。このアルバム。全然一言で言える表せるような品物ではないのだけどもさ。

 

不意に流れてくる正しい街でぼんやり考えていた。

【君が周りを無くした。私はそれをを無視した。】

これは

君は私だけしか、見ていなくて周りもの(人、環境など)も現実も見ないようにしていた。

私はそんな君の思想を、理解していたけど見て見ぬふりしてた。

って意味だろうな。って今では思う。鼻垂れてた時はどう感じていたか忘れてしまった。
 悪い女だなぁ。椎名林檎。って思う。確かに一人の人に夢中になりすぎて周りを見えなくなる人は居る。そういう付き合いをする人もいる。16歳あたりでこんなこと思えて書けるものなのかい。(いい意味で)生粋の悪女だなぁ。男性を手玉に取るのとか絶対上手。まぁ誘われたら引っかかるよね。寧ろ引っ掛けてくれたら絶頂だよね。
 
生粋の悪女(椎名林檎)は歌手。っていう職業なのかもしれないけど。
歌手というよりはアーティストだよなぁ。振る舞いや仕草や業績がアートだなぁ。って思ってた。けど最近は椎名林檎の職業は『オンナ』だなぁって思う。女性であることを最大限使い活動している。魅了されるところが其処なんだ。ってわかる人いますかね。
 
しかしつらつらと中身も無いも無いような文章を書いてしまった。
それには理由がある。一つは中身のない話をしたかった気分であること。
二つ目は1時間ぐらい仕事が暇だったけどPCを離れるわけにはいかないから思い付きで書いてしまったこと。また気が向いたときに更新しようと思う( 'ω')
このブログでの実験も終わってしまったことだけども。